心理学

論文の検索方法が分からない?そんな時はGoogleを使えば簡単です。

論文

僕は趣味で論文を読んでいます。

ネットで探してきた論文を印刷して、電車やカフェで一心不乱に読んでいるので周囲からは少し変人に見えるかもしれません(笑)

でも論文を必要とする機会って、みなさん意外とあるんですよ!

 

①大学の研究や卒論

僕は大学をすぐに中退したので学生時代は興味なかったんですが、論文を必死に探している旧友が結構いました。

おそらく、大学生にとって論文はかなり必要なはず・・・!(笑)

発表や卒論など、色々機会はありますからね!

※ちなみに、大学中退して色々やらかしたプロフィールはこちら

起業失敗して炎上して居酒屋店長になってNO1になったプロフィール

 

②専門的な知識を扱うブロガー

情報発信では「権威」「信頼」などをどんどん利用すべきです!

そして、論文はメチャクチャ信頼性の高い情報なので、論文へ発リンクするだけでサイトはGoogleから評価されやすくなります。

※SEOに関して詳しく知りたければこちらをどうぞ!

【初心者向け】SEO対策はキーワードのリサーチが命。1日10PVを目指すには?

 

③知識欲が半端ない人

書店に並んでいる本は、特定のジャンルの知識を網羅的に書いてくれています。

一方で、1つの事を深堀りしている本には中々出会えません。

睡眠に関しての本で、「ロングスリーパー」だけはメチャクチャ詳しく書いてあるなんて事はないですよね?(笑)

「狭く・深く」知識を追求したい時に、論文は最適です。

 

このように、論文を参考にするケースって意外と多いです!

でも、ここで一つ疑問が出てきますよね。

「論文なんてどこで見つけるの?」

 

結論から言うと、論文の検索には「Google Scholar」がおすすめ。

日本語訳すると「グーグル 学者」で、論文に特化した検索エンジンです!

このあとは実際に「論文の検索方法」を解説しますので、まずはサイトにアクセスしましょう

Google Scholar

論文の検索方法もGoogleと一緒

実際にログインするとこんな画面が出てきます。

 

試しに「前頭葉 有酸素運動」と打ち込んでみると・・・

google scholar

 

右側に「PDF」と書かれていますね?

これをクリックすると論文を無料ダウンロードできます^^

 

話は変わりますが、「有酸素運動」「脳」

このあたりのキーワードに興味があれば下の本を読んでみて下さい!

マジでおすすめです。

検索結果にPDFがない

右側にPDFのリンクが置かれていない場合は、論文タイトルをクリックします。

そうすると、こんな画面に行きます↓

google scholar

 

右側に「PDFをダウンロード」とあるので、そこから論文をダウンロードできます!

PDFファイルを置かずに他のサイトURLを載せてある場合があるので、その際はそのサイトURLをクリックしましょう!

また、論文全てが無料というわけではなく、有料の論文も存在します。

とはいえ、無料の論文ですら膨大な量があるので、そこまで気にする必要はないと思います^^

論文検索の前にログインしておくと便利

google scholar ログイン

右上のアイコンマークからログインできます!

Googleアカウントを持っていたらOK。

ログインした状態だと「マイライブラリ」機能が使えます^^

google scholar2

 

論文説明欄の左下にマークがあると思います。

マイライブラリに論文を追加する方法は、この「星」をクリックするだけ。

これで「お気に入りの論文」をいつでも見れるようになります!

 

また、星の横のマークは「引用」ボタンです。

「引用方法」には使い分けがあるので、少し解説しますね!

引用方法の使い分け?「APA」と「MLA」

google scholar 引用

引用マークを押すと、こんな選択肢が出てきます。

それぞれの使い分けをご紹介しますので、参考にしてください^^

APA style

「American Psychological Association」に基づいた論文スタイル。

心理学、経営学、法学、教育学、政治学、経済学などの「社会科学系」で大体適用。

MLA style

「Modern Language Association」 に基づいた論文スタイル。

哲学、言語学、文学、宗教学などの「人文科学系」で大体適用。

論文はあなたの世界観を広げる

論文

寝る前に翌日のTo Doリストを作成するだけで、寝つきが「9分」早くなる。

これは睡眠薬と効果がほぼ一緒。

習慣を身に着ける際の肝は「6週目」で、ここで定着率が「100 or 0」のどちらへ近づくかが分かる。

6週目を上手く乗り越える方法は、習慣化したい作業の頻度を「週4日」以上にすること。

 

論文を読むと、本当に世界観が変わります。日常では知りえない知識を得られますからね。

「え?教わったことと全然違う・・・」なんてことがザラにあります(笑)

論文の検索方法は、ご紹介した通り簡単です。

なので是非、論文を有効活用してあなたの世界を広げて下さい!^^

 

 

以上!「論文の検索方法」についてでした!

また、参考程度ですがいくつか心理学系の記事を載せておきます。

気になるのがあれば覗いてみて下さい!

関連記事