メンズ脱毛

白髪でもヒゲ脱毛は可能なのか?【高額費用を安くする方法も紹介します】

白髪でもヒゲ脱毛は可能なのか?
白髪でもヒゲ脱毛したい人
白髪でもヒゲ脱毛したい人
ヒゲ脱毛をしたいんだけど、白髪でも可能なのかな?

出来ないって話も聞くけど、脱毛器によっては出来るって話も聞くし…

実際のところ、ちゃんと出来るのかどうか知りたい

 

どうも、えいとです。

最近Twitterでヒゲ脱毛に関して発信することが結構多かったんですが、こんなご質問を頂きました。

そこで今回は、主に以下2点について解説していきます。

①白髪のヒゲ脱毛が可能な方法

②高額な脱毛費用を少しでも安く抑える方法

※追記:光脱毛でも白髪の脱毛が可能に!

 

ヒゲ脱毛をすれば、毎朝鏡の前で10分間も格闘することがなくなるし、清潔感もグンと増すので超最高。

ホントに全男性にオススメしたい位です。

 

白髪でのヒゲ脱毛の場合は、なるたけ早く始めないと脱毛費用がドンドン大きくなるというデメリットがあります。

なのでこの機会に是非、ヒゲ脱毛を試してみて下さい!

 

追記情報あり

痛みの強いニードル脱毛でなくても、白髪の脱毛が出来るようになりました!

詳しくは記事後半に追記してあります。

白髪でもヒゲ脱毛は出来るのか?

白髭、白ヒゲ

 

結論から言うと、「ニードル脱毛」という脱毛方法なら、白髪でのヒゲ脱毛は可能です。

ヒゲ脱毛は3種類の脱毛方法がある

ヒゲ脱毛をする際は、主に以下3種類のどれかの方法で施術をすることになります。

  1. 光脱毛
  2. レーザー脱毛
  3. ニードル脱毛

 

しかし、光脱毛とレーザー脱毛では、白髪のヒゲ脱毛をすることが出来ません。

なぜならこの2つは、黒い毛に反応して熱を放出し、毛根にダメージを与えるというやり方だからです。

 

白髪でもヒゲ脱毛したい人
白髪でもヒゲ脱毛したい人
あれ?それなら、白髪を黒染めすれば出来るのでは?

 

↑こう疑問を持つ方も多いんですが、黒染めしても脱毛は出来ません。

黒染めはあくまでも表面を黒くしているに過ぎないですからね。

なので、脱毛器が熱を放出しても毛根部分までは届かず、十分な脱毛効果は期待できません。

ゴリラクリニックの脱毛器なら可能!?

ゴリラクリニックでは「メディオスターNeXT PRO」という脱毛マシンでレーザー脱毛を行っています。

そしてこの脱毛器は、毛根ではなく”毛を生成するバルジという細胞”にダメージを与えるという、従来のやり方とは異なる方法です。

ゴリラクリニックのヒゲ脱毛画像引用:ゴリラクリニック

 

ヒゲ脱毛に詳しくない人
ヒゲ脱毛に詳しくない人
毛根に反応するわけじゃないなら、白髪でも可能なのでは…?

なので↑のように勘違いする人も多いんですが、これは間違いです。

ゴリラクリニックの脱毛器でも、白髪のヒゲ脱毛を行うことは出来ません。

(※サイトによっては白髪でも出来ると誇大表現してるので、要注意です)

 

メディオスターNextProについては、「メディオスターNeXT PROを徹底解剖!仕組みやデメリットは?」で詳しく解説してるので、そちらを参考にして下さい。

メディオスターNextPro
メディオスターNeXT PROを徹底解剖!仕組みやデメリットは?メディオスターNexProの仕組み、効果、デメリットなどを製造会社や脱毛クリニックの情報を元に分かりやすく解説します。また、「○○にはメディオスターがあると言ってる癖に予約できない」といった噂を聞いたので、その真相にも迫っていきます...

白髪にも効くニードル脱毛とは?

ニードル脱毛は、アメリカで100年以上、日本では40年以上の歴史を持つ脱毛方法です。

「毛穴にハリを打ち込んで電気を流す」というやり方で、毛を1本1本処理していくため、肌が黒くても白髪でも脱毛を可能としてます

ニードル脱毛画像引用:美容男子

 

ただ、正直なところ僕はニードル脱毛はあまりオススメしてません。

他の脱毛方法で出来るなら、間違いなくそっちにした方が良いです。

 

そこら辺の理由を、メリット/デメリットと併せて解説していきます。

ニードル脱毛のメリット

まず最初にメリットについてご紹介すると、主に3つあります。

①毛の質、肌の色に限らず脱毛可能

②脱毛効果が永続する

③ヒゲを好みのデザインで脱毛可能

 

肌が黒い方でも出来るので、欧米ではこのニードル脱毛を選ぶ人が結構いらっしゃいます。

効果も施術後にすぐ実感できますし、手作業でやるので細かい範囲指定も可能です

ニードル脱毛のデメリット

一方で、ニードル脱毛はデメリットも結構多くて、こんな感じです↓

①費用が高い

②かなりの激痛

③時間がかかる

 

まず費用に関しては、どのサロン/クリニックで脱毛するかで変わります。

例)MEN’S TBC→1本145円

例)ダンディハウス→60分で20,000円

 

あとは、自分の”毛量”や”毛の質”によっても、「本数」「施術時間」のどっちが安いかが変わります!

なので実際にカウンセリングに行ってみて、見込み価格を教えてもらうのもオススメです。

 

 とんでもなく激痛

また、ニードル脱毛はかなり激痛という口コミが多いです

針を刺して電気を流すわけですから、そりゃ痛いのは当然ですよね。。

 

更には、手作業で時間がかかるので、脱毛完了までにある程度の期間が必要。

なので、「痛み」+「期間の長さ」から途中で挫折する人が結構いらっしゃいます。。

 

そのため、白髪がない場合は「光脱毛」か「レーザー脱毛」を選ぶ人がほとんどです。

ニードル脱毛をするならどこ?

ニードル脱毛をする場合、「脱毛サロン」「脱毛クリニック」という2つの選択肢があります。

脱毛サロンは先ほど紹介した「MEN’S TBC」「ダンディハウス」など。

脱毛クリニックは「神田美容外科形成外科医院」などの医療機関ですね。

 

医療機関の場合は、肌トラブルがあった場合にその場で対処して貰えるというメリットがあります。

が、脱毛の値段が少々高く付くというデメリットも。

 

一方で脱毛サロンの場合は、お客さんを集めるために初回脱毛を低価格で提供していることが多いです。

実際にやってみて良かったら2回目以降も契約するという感じですね。

 

ニードル脱毛の痛みには個人差がありますし、必ず2回目以降を契約する必要もないので、まずは一度体験してみると良いです。

 

※追記情報があるので、記事後半まで読み進めて下さい

痛みの強いニードル脱毛でなくても、白髪の脱毛が可能になりました

白髪のヒゲ脱毛は高い!少しでも安くするには?

価格、値段

 

ニードル脱毛はどうしても高額になりがちで、毛量が多い人は80~100万ほどかかる可能性もあります。

この額になってくると、全員が気軽に出来るレベルではないので、少しでも費用を抑える方法をご紹介します。

まずは黒毛を脱毛する

方法としては簡単で、黒毛は出来るだけ光脱毛かレーザー脱毛で施術しましょう!

ニードル脱毛する範囲を減らすことで、トータルでかかる金額を安くします。

全てが白髪の場合は出来ないですが、黒毛が残っている場合にはオススメの方法です。

 

ちなみに、この2つの脱毛方法の違いはこんな感じ↓

フラッシュ脱毛とレーザー脱毛引用元:家庭用脱毛器 口コミ検証

 

脱毛サロンで行う光脱毛は、痛みが他2つ比べて軽い分、脱毛効果も弱いです。

脱毛クリニックで行うレーザー脱毛は、フラッシュ脱毛より痛みが強い分、脱毛効果も強いです。

 

ただ個人的には、光脱毛でも十分に脱毛効果があるので、こっちの方がオススメです。

僕自身フラッシュ脱毛を現在やっていますが、十分に効果が出ていますからね。

それにレーザー脱毛は、大人でも痛すぎて涙が出る人がいるほどなので。。。

 

光脱毛が出来る脱毛サロンについては、「ヒゲ脱毛にオススメの脱毛サロン【この3つから選べばOK】」でまとめてるので、そちらを参考にして下さい。

脱毛、ヒゲ脱毛、メンズ脱毛
ヒゲ脱毛にオススメの脱毛サロン【この3つから選べばOK】ヒゲ脱毛をしたいけど、どの脱毛サロンにするかで悩んでいる方向けの記事です。この3つの中から選べばOK。それぞれの特徴やオススメの人も紹介してるので、自分の悩みや予算に応じて、どの脱毛サロンにするかをお選びください。...

【追記】光脱毛で白髪の脱毛が出来るように!

追記情報です。

最新の脱毛器が開発され、光脱毛でも白髪の脱毛が可能になりました。

ニードル脱毛に比べて、痛みが格段に少なくなりますし、費用も安く済むので、現時点だとベストな選択かと思います。

 

実業家かつホストのローランドさんが経営する「ローランドビューティーラウンジ」に、その最新脱毛器が全店揃っているので、一度公式サイトを覗いてみて下さい。

脱毛サロンのOPENが最近なので、新しい機器を揃えられた感じですね。

全国展開している脱毛サロンは、脱毛機器を乗り換えるのに莫大な費用が掛かるので、出遅れている印象です。。

 

\最新技術で白髪を脱毛/>>ローランドビューティーラウンジ
無料カウンセリング
※カウンセリング=契約必須ではありません

 

以上、「白髪でもヒゲ脱毛は可能なのか?【高額費用を安くする方法も紹介します】」でした。

また、新しい情報が入りましたら追記していきます!

 

人気記事ヒゲ脱毛のカウンセリング&初回施術に行ってきた【予想以上の痛みに絶望】

人気記事脱毛ラボホームエディションを購入!【使い方やデメリットを解説】