副業

contact form7の使い方を解説【プラグイン検索してもヒットしない】

メール、通知

WordPress(ワードプレス)に「お問い合わせフォーム」を設置するためのプラグイン「contact form7」の設置はもう終わりましたか?

 

お問い合わせフォームはブログに100%必要で、ほとんどのWordPressユーザーはこのcontact form7でお問い合わせフォームを設置しています。

お問い合わせフォームはGoogleアドセンスの審査通過にはほぼ必須の条件ですし、ブログが成長するとお問い合わせフォームから仕事の依頼が入ったりしますからね。

5分ほどで作業は終わるのでパパっと終わらせちゃいましょう!

contact from7を検索

まず、プラグインの新規追加ページに行きます。

プラグインの新規追加

 

新規追加のページにいったら、右上の検索窓で「contact form7」と検索しましょう。

検索窓

 

ここで検索をして出てくるなら問題ないですが、おそらく候補が沢山出てくるはずです。

他のWP画面ではどうかは分かりませんが、少なくとも僕の検索では該当のcontact form7を見つけることが出来ませんでした。

 

2019.3月時点での検索結果です。似た状況の場合は検索方法を変えましょう。

contact form7の作成者名

contact form7

 

赤枠のところにある作成者「Takayuki Miyoshi」を、検索窓に打ち込みましょう。

そうすれば、1ページ目に「contact form7」が出てくるはずです。

発見しましたら、「今すぐインストール」→「有効化」までクリックで進めましょう。

 

※追記 2020/5/23

本日、「contact form7」で検索してみたら、無事ヒットしました。

プラグインのアイキャッチ画像もちょっと変更したようです。

contactform

contact form7を実際に使ってみよう

パソコン

 

プラグインを有効化したら、contact formのページを開きます。

ダッシュボード→お問い合わせ→コンタクトフォームと進んでいきましょう。

コンタクトフォーム

コンタクトフォームをカスタマイズ

「コンタクトフォーム1」をクリックすると、お問い合わせフォームのカスタマイズ画面になります。

コンタクトフォーム1 コンタクトフォーム2

 

例えば、メールアドレスを変更したい場合は「メール」の所でアドレス変更が出来ます。

一通り確認してみてもいいですが、基本的にはデフォルトのままで問題なしだと思います。

カスタマイズが完成したら、赤枠の部分をコピーしましょう。

 

※追記 2020/5/23

「デフォルトだと嫌なのでカスタマイズしたい!」という方は、以下のサイトを参考にして下さい。

【簡単】Contact Form 7(WordPressお問い合わせフォーム設置)の使い方徹底解説

【簡単】Contact Form 7の効果的なカスタム方法

固定ページを作成

固定ページ

 

お問い合わせフォームは固定ページにて作成します。

「固定ページ」と「普通の投稿」の違いを簡単に説明すると、こんな感じです↓

・固定ページ→会社情報など変更がないページ。記事に埋もれない

・投稿→時系列管理。普段の投稿

 

固定ページ→新規追加でクリックを進めます。

固定ページ作成

 

このページに先ほどコピーしたコードを貼り付けましょう。

タイトルは「お問い合わせ」で大丈夫です。

 

これで作成完了。プレビューでチェックしてみてください!

目立つところに設置

フッター、グローバルメニュー、記事下、サイドバーなど設置できる個所は山ほどあると思います。

JINユーザーの場合「外観→メニュー」にて既にデフォルトで「お問い合わせ」が入っています。

 

しかし、URLはホームアドレスになっているので、固定ページで作成したURLをここに載せてあげましょう。

メニュー

これでお問い合わせフォームの設置が完了です!

 

以上、「contact form7の使い方を超簡単に図解【必須プラグイン】」でした!

 

 

 

人気記事【重要】ブログ月収5万までの戦略を解説【再現性高めの王道です】

人気記事【2020年版】アフィリエイトにおすすめのASPを徹底比較