Twitter

【2019年度】SNSおすすめランキング第1位はtwitter

ツイッター

こんにちは、えいとです。

2019年度現在、数多くSNSがありますが、その中で一番のおすすめがtwitterの理由を解説しようと思います。

(目安読了時間:5分)

ツイッター

【2019年度】SNSユーザー数ランキング

2019年現在、小学生ですら何かしらのSNSをやっている時代になりましたね。

僕が小学生だった2005年では考えられない時代で、これだけの情報の波に10代前半で触れられることが羨ましいです。

ちなみに豆知識ですが、人類発祥~2003年までの情報量が現在では2日で生み出されるらしいです。

テクノロジーの発展がすさまじいですね。。

 

さて、本題の2019年度最新版のSNSランキングがこちらです。

SNSユーザーランキング

当たり前ですがLINEは圧倒的です。
コミュニケーションツールですからね。

一方、情報発信ツールではTwitterが圧倒的なようです。

確かに50歳を超えてInstagramをやっている方は少ない印象です。

Twitterフォロワーランキング【日本】

いつ計測したデータかが定かではないのですが、日本のTwitterアカウントのフォロワーランキングはこんな感じらしいです。

フォロワーランキング(参照元はこちら

スマホ1台あればこれだけの人に情報発信が出来る。
素晴らしい世界ですね。

2019年からでもTwitterは始めるべき

「いやいや有名人だからフォロワー多いんだよ(ヾノ・∀・`)ムリムリ」

 

みたいな突っ込みが来ると思うので、フォロワー数に関係なく始めてほしい理由をご紹介します。

それに、数千人くらいなら著名人や経営者でなくても達成している人はごろごろいます。

twitterおすすめの理由①:ユーザー数

人口密集

SNSユーザー数ランキングでは「Line」に続いての第2位。

平均年齢が35歳と、幅広い世代が使っているので情報量も多く面白いです。

また、Instagramと大きく違うのは、ファッションではなく『ビジネス論』や『生き方』みたいなテーマを著名人が多く情報発信していることが多いです。

無料で勉強になります。

twitterおすすめの理由②情報発信

情報発信

僕が高校時代(2010年頃)から言われていますが、これからは特に「個人主義」が強くなってきます。

AIの発達で人がどんどん不要になっていく時代。
大手会社もどんどん入れ替えを画策していきます。

とある大手会社で40歳くらいの中堅社員がどんどんリストラされている、というニュースも最近ありました。

 

会社の肩書きが通じなくなり、肩書を取ったときに何が残るのか、が重要になってきています。

日本人が苦手意識を持っている「情報発信」「意見の主張」を行わないと、多の中に埋もれてしまう時代が到来です。

Twitterは気軽に情報発信ができるので、敷居も低く楽しく続けられる人が多いです。

最初は何か1つに絞ったほうがいいので、僕はTwitterをおすすめします。

twitterおすすめの理由③要約力が強化

要約「この人の話はまとまりがなく分かりにくい」

ビジネスマンでこんな印象を持たれるのは非常に危険です。

Twitterは140字以内という文字数制限があるので、必然と「情報の削ぎ落とし」「肉付け」が上手くなっていきます。

140文字は大体トーク量に換算すると25~30秒ほどの分量。

要約力の鍛え方については、別記事にてまとめていますのでよかったら見てみてください。

スマホ
要約のコツを掴むにはTwitterでトレーニングが最適説要約力のコツやトレーニング方法を、Twitterと絡めて解説します。要約力は受験生ではなく、ビジネスマンにこそ必須のスキルなので、これを機に身につけましょう!...

twitterおすすめの理由④記憶力強化

脳トレ脳は重要な情報、不要な情報を独自な判断で分別し、エネルギーの節約をしています。

全てを記憶するとなると膨大なエネルギーが必要ですからね。

そこで、我々が脳に「これは重要な情報だよ!」と認識させるにはいくつか方法があるのですが、そのうちの一つが「他人に教える」です。

要約力を鍛えながら、他人にインプットしたものを教えることで記憶は強化され、更に他人から感謝されるようになります。

Twitterでの情報発信は良いこと尽くしです。

twitterおすすめの理由⑤ファン獲得

ファン「ファンを作る」というのは、ビジネスにおいて重要な戦略の一つです。

リピーターになり継続的な売り上げになりますし、口コミを発生させ無料で宣伝をしてくれるようになります。

2019.4月から副業を認める企業がどんどん増え、会社が従業員へ「給料は上げられないから自分で稼いでね」と公言したも同然。

これからは個人で稼ぐ力が求められます。

そのためには個人でファンを作る必要があり、そのツールの一つとしてTwitterはおすすめです。

読書
【実践率12%】年収をあげる読書の方法【実行率12%】の年収を上げる読書の方法をご紹介します。重要なのは「比率」と「頻度」。高年収が読書量が多いのは有名ですが、読書の方法も違うんです!...

ファン獲得とは少しずれますが、「年収を上げる」 というテーマなんで合わせて読んでみてください。

とにかくSNSを楽しもう!

Twitterに登録してなかったら3分もあれば無料でできるので、登録しておきましょう➡Twitter登録

とはいえ、僕はTwitterをおすすめしていますが、正直な所どのSNSでもいいと思います。

重要なのは継続すること

2019年からでも遅くはありません。
むしろこれからもどんどんユーザーは増えていくでしょう。

SNSを正しく活用するとメリットが沢山ありますので、ぜひ何かしらのSNSを始めてみましょう。

 

 

以上、「ツイッターを始めるべき理由」でした。

何かご質問ありましたら、ツイッターかお問い合わせにてご連絡お待ちしてます
@8NO1TV1

 

関連記事