副業

【ブロガー悲報】Amazonの紹介料率が50%以上ダウン【これからの予測は?】

アマゾン、Amazon
ブロガー
ブロガー

え、Amazonの紹介料率が下がるってホント?

アメリカの話って聞いたけど、もしかして日本のAmazonも下がるのかな…

 

どうも、ハチです。

アメリカの話ですが、「2020/4/21からAmazonがアフィリエイトの紹介料率を下げる」というショッキングなニュースが飛び込んできましたね。

アメリカの広告関連の人は絶叫しています。。

 

おそらく日本にもこの流れは来ると思うので、今のうちに現状を把握して対策をとっておきましょう。

考えておかないと冗談抜きでヤバいと思います。

コロナショックでアフィリエイト市場も崩壊の兆しが見えているので。。。

(米)Amazonが紹介料率の値下げを発表

Amazon

 

元々アメリカと日本ではAmazonの紹介料率は違くて、この発表以前でのアメリカAmazonの紹介料率はこちら↓

アメリカAmazonの紹介料率引用元:Gigazine

 

で、今回の発表による変更が反映された紹介料率の表がこちら↓

amazonが紹介料率を下げる

 

・家具、ガーデン用品、ペット用品が8%→3%

・ヘッドフォン、楽器、美容用品、ビジネス用品、工業用品が6%→3%

・健康系が4.5%→1%

こんな感じで、ものによっては80%弱ダウンしているのもあります。

ジャンルによっては急降下過ぎて、最早どうしようもないですね。。

 

今回はあくまでアメリカでの出来事ですが、日本にもこの流れが来る可能性は大いにあります。

いやむしろ、間違いなく来ると考えてた方が良いです。

Amazonはなぜ値下げを行ったのか

Amazonのジェフベソス

 

ブロガー
ブロガー
コロナウイルスで外出できないから、Amazonを使う人も増えて売り上げは良いはずなのに、何故この時期に紹介料率を下げたのかな?

紹介料率を下げたら紹介する人も減るから、売上が下がると思うんだけど…

 

こう疑問に持つと思うんですが、実は今のところまだ、Amazonから正式な理由発表はありません。

 

ただ、考えられる理由はいくつかあるのでご紹介していきます(あくまで予測)

外出規制だから下げた

アメリカは日本よりも外出制限が強いので、仮にブロガーへの紹介料率(広告費)を下げても、そこまで売上が下がらない。

むしろ、逆に利益が増えるのではと予想した上での行動という可能性です。

なので、コロナ騒動が収束した後にAmazonの売上が下がったら、改めて紹介料率を上げる(戻す)可能性もあります。

少しでも金銭的蓄えを

コロナがいつ収束するか分からないので、少しでも貯めておきたいと思ったのかも。

多分、この外出制限の雰囲気だとブロガーへの紹介料率を落としても、ガクッと売り上げが下がりませんからね。

 

つい昨日(2020/4/16)も『アメリカ最大のプロレス団体「WWE」がスター選手やレフェリーを30人解雇して月に4億円の節減を図る』というニュースがありました。

wwe

なので、こういった流れがあるんでしょうね。

Amazonが売れまくって物流がパンクしている

あとは、Amazonが売れすぎて物流がパンクしてヤバい、ってなってる可能性もあります。

工場や運転手を今まで以上に稼働せざるを得ない一方で、この外出制限(外出禁止)がある現状はかなり危険な状態ですよね。

感染者が出て工場とか運転手がアウトになったら、どうするんだろってレベルですからね…

もはやAmazonが”当たり前”になった

あとは、Amazonがブロガーに多額の広告料を払わなくても、Amazonで買い物をする文化が既に出来上がったというのもあるかもです。

実際に僕自身、気になる商品があったらAmazonでレビューを見ながら購入しますしね。

なので、元々”認知度”を広めるために広告費を払ってたけど、それも年々徐々に下がってましたし、今回を機にガクッと踏み切った感じですね。

我々ブロガーに残された4つの道

方向、道路、手段、空

 

ブロガー
ブロガー
はあ、このAmazonの流れに続いて他でもドンドン下がったらどうしよ…

これからどうすればいいのかな…

 

これからのことを考えると不安に感じると思うので、「4つの道」をご紹介します。

この中から選んでもいいし、別の道を探してもOK。

 

とはいえ、何かしら行動を始めないとヤバいのは間違いないので、参考にして貰えたらと思います

複数ジャンルでアフィリエイト

まず当たり前ですが、このままブログを続けていくなら、“複数のASP”で”複数のジャンル”でアフィリエイトをするのは必須です。

ダメージを100%回避するのは難しいので、リスクを分散して”ダメージ軽減”の方向で考えましょう。

 

僕自身、2019年末から新しく2つのジャンルに手を出しました。

その2つのジャンルでも現在、「案件停止」や「単価減少」がドンドン出てきてるので、多分ジャンルを1つに絞ってたら今頃もっと焦ってたと思います。

今からでも遅くないので、ドンドン仕込んでいきましょう!

【関連記事】【2020年版】アフィリエイトにおすすめのASPを徹底比較

 

ハチ
ハチ
ちなみに僕は、10個以上のASPに登録して報酬も分散してます。

ASPが報酬払えなくなったりしたらヤバいですよね…

ブログ以外の媒体に力を入れる

グーグルアップデートが2019年に4回あったのをキッカケに、SEO対策からSNS集客へ移行しているブロガーも多いと思います。

SNSはブログと違って、一度フォロワーを集めれば長期的に影響力を保持できますからね。

 

“将来のお客さん候補”を抱えておいて

  • 自社商品を販売したり
  • ブログのセールスページにアクセスを流し込む

などをタイミングを見計らってやればOK。

SNSを伸ばしておいて損はないと思います。

 

ちなみに僕はTwitterに力を入れています!

>>ハチのTwitterアカウント

 

ハチ
ハチ
ブロガーでTwitterを伸ばしたいって場合は、僕の運用の仕方とか結構役に立つと思います!

オフラインだけでなくオンラインも

あとは、無理にオンラインに拘る必要はないですね。

外に人が出歩かない現状で、いつ収束するかもわかりませんし、収束した後もどうなるか分かりません。

そうなると今までweb集客を疎かにしてた会社も、、生き残るためにドンドン力を入れようとしてきます。

 

「ワードプレスを開設する」だけでも需要は出てくるので、それをオンラインは競合が多いからオフラインで探すって感じですね。

勿論、+αのサービスをつけて、月額制にしても良しです。

 

ハチ
ハチ
地元の経営者とか、知り合いの美容室とか、探せばお客さんは沢山いると思います!

新しい道に手を出す

また、一旦ブログに使う労力を抑えて、新しい道に手を出すとかもアリだと思います。

「YouTubeサムネイルの作成」や「動画編集」とか人気ですしね。

僕もついさっき「サムネイル制作と稼ぎ方の教科書」を購入しました(笑)

サムネイル作成を請け負う気はなくて、自分のスキルを磨きたかっただけなので、ちょっと目的はズレますが。

 

あとはテレワークの環境でITに転職したいって人もかなり増えていますね。

ただこの流れだと、未経験での転職はかなり厳しいのが現状。

なので、転職するためにプログラミングをこの自粛期間で学び始める人も結構いらっしゃる印象です。

 

ぶっちゃけプログラミングスクールに20万~30万払っても、1年間コミットして転職して年収が50~100万上がれば初期費用が余裕で回収できますしね。

コロナショック後もテレワークの流れは加速すると思うので、賢い選択だと思います。

 

まとめ

こんな感じで選択肢は沢山あるので、何か行動を始めてみましょう!

外出自粛で暇だからゲームを買ったりしてる人もいますが、そんな事してる余裕は今後5~10年を予測したらないと思いますので。

今頑張らないと未来が怖すぎます…

 

あと、最後にちょっと宣伝ですが、「ブログ月収5万までの戦略」というのを当ブログで無料公開してます。

ブログでこのまま頑張るぞ!って方は覗いてみて下さい

>>【重要】ブログ月収5万までの戦略を解説【再現性高めの王道です】

 

 

ということで以上、「【ブロガー悲報】Amazonの紹介料率が50%以上ダウン【これからの予測は?】」でした!

 

人気記事もしもアフィリエイト経由だとAmazonの審査に合格しやすくなるってご存知ですか?

人気記事転職エージェントで失敗しない8個の使い方【自分が商品だと忘れるな!】

人気記事ブログの毎日更新は意外とメリットが少ない【無理にやらなくてOK】