副業

ブログの毎日更新は意外とメリットが少ない【無理にやらなくてOK】

ブログの毎日更新をオススメしない2個の理由

どうも、ハチです。

先日こんなツイートをしました↓

【毎日更新は意味がない】

ぶっちゃけ無理です。

僕の場合1記事に5時間はかかるので、

副業で毎日更新をやった場合

1️⃣体を壊す
2️⃣質が下がりゴミ記事量産

マジでいいことありません👼

毎日更新はあくまで成果を残すための一手段でしかないので
自分に合うやり方を見つけましょう😌

 

Twitterを見てると、どうも勘違いしてる人が多いんですよね。

断言しますが、ブログの毎日更新をして稼げる人は極少数です

 

そして、毎日更新なんかしなくても稼いでる人は沢山います。

むしろ、毎日更新を頑張ってる人は、結構な割合で途中で挫折している印象ですね。

 

僕を例に出すと、現在は月に10万円ほどブログで稼いでますが、更新数は月に10~12記事程です。

ブログを始めて1年。ずっとこの更新ペースですし、特に問題なく収益/アクセスともに毎月伸びています。

 

なので今回は、毎日更新に夢見るブロガーの目を覚ますために、「毎日更新はデメリットも多いぜ!」って感じで解説していきます。

<こんな方向けの記事>

・毎日更新を始めようとしてる人

・毎日更新してるけど成果が出なくてつらい人

ブログ毎日更新がオススメされる3つの理由

パソコン、PC

 

僕はブログの毎日更新をオススメしてません。

ただ、多くの人がオススメする理由も分かるので、まずはこれについて解説します

理由は3つあります。

1.成功に「量」は不可欠

「量」×「質」=「成功」

成功の方程式です。

ブログで結果を残すには「量」「質」の両方が欠かせません。

 

で、ブログを始めたばかりは「質」なんか勿論ないので、「量」を追い求めるしかありません。

なので多くの人は、まずは沢山の記事を更新するべきって主張をするわけです。

2.毎日更新が実績として評価される

Twitterでは「毎日更新○○日目」と言うだけで、実績アピールになります。

こんな感じですね↓

 

ブロガーなら毎日更新することの大変さを分かってますからね。

「収益〇万円!」みたいな実績を持ってなくても、一つの実績として”錯覚”させられるので便利です。

しかも、Twitterでの繋がりのみで実際にブログを訪問する人は少ないので、仮に1,000文字くらいの低クオリティーでもOK。

 

実績を作るためにも、そりゃ頑張る人は多いですよね。

※ツイートの方含め、全員が低クオリティーというわけではないです

3.打率が低くても何本かは”当たり”が出る

5回おみくじを引く

100回おみくじを引く

どちらが”大吉”を引く回数が多いかなんて明白ですよね。(※確率ではなく回数)

 

僕は「運がいい人=行動量が多い人」だと思ってます

行動の密度が濃いので、人より当たりを引く回数が増える。

 

つまり毎日更新をすれば、週1記事更新の人よりも「バズる記事」を沢山作れるってことです。

毎日更新は現実的ではない

挫折、パソコン、PC

 

ただ僕の感覚では、毎日更新はあまり現実的じゃないんですよね。

ブログを始める人って、自由時間がそんなにない人が多いと思います。

・バイトやテストがある学生
・家事や育児に忙しい主婦/主夫
・副業目的の会社員

 

僕も会社員をしながらブログ運営をしているので分かりますが、自由時間や隙間時間を考慮しても、毎日更新する時間の確保はかなり難しいです。。

 

「時間の使い方がヘタクソ!」って反論

時間がないってツイートすると、こんな反論が来ます。

でも違うでしょ。

我々が目指してるのは、2~3時間で書けるような薄っぺらい記事ではないです

 

そんなレベルでいいなら、毎日更新なんて余裕です。

でも本当に作りたいのは、長期的に読者に喜んでもらえる”資産記事”ですよね。

 

僕がブログを始めた頃は、1記事作るのに8~10時間はかかってたし、今でも最低4時間位かかってます。

・キーワード選定
・ASP案件リサーチ
・競合リサーチ
・検索ユーザーの顕在欲求を考える
・検索ユーザーの潜在欲求を考える
・記事の構成を考える
・書いた後は校閲する
・改行、強調、画像などの装飾をする
・etc…

 

とてもじゃないが、毎日は無理だと思います。

ゴミ記事はいくら量産しても無駄

量×質=成功

先ほども紹介しましたが、成功は「量」「質」の両方が大事です。

 

余裕がないのに毎日更新を目指す

→時間に追われ妥協する

→その結果、ゴミ記事の量産

 

負のスパイラルでしかないです。

 

僕自身、昔アメブロにて200のゴミ記事を作成して全く稼げなかった経験があるので、断言できます。

【関連記事】>>ブログに挫折しない6個の方法を解説【200記事で一度諦めた僕が語る】

 

しかも、質が悪い記事を量産すると、サイト自体がGoogleに嫌われます。

最近のGoogleアップデートで被弾した大手ブロガーの多くは、noindexや記事削除することで、サイトの質を高める方向にシフトしてますからね。

ゴミ記事の量産が、今後のGoogleの方向性に適してない証拠です。

 

とはいえ、「100点の記事を目指せ!」ってわけでもありません。

むしろ完璧主義は辞めた方が良いと思ってます

 

理由はこちら↓

 

100点を狙うのは難しいし、行動のサイクルが重くなります。

なので感覚的には60~80点を狙うのがベスト

 

記事を書いたら投稿せずに一晩置いて、翌日に読んでみて下さい。

果たして何点をつけるのか。全ての記事でやってみましょう

成功曲線を盲信するな

 

また、勘違いしている人が多いので一応言っておくと、努力はすぐには実りません。

ある程度積み重ねることで、ある日突然と”芽”が出てきます

(これを成功曲線と言います)

成功曲線

 

そして、Twitterを見てると、毎日更新をしてても成果がない人って結構いるんですよ。

で、彼らはこう思うわけです。

 

毎日更新で結果が出ない人
毎日更新で結果が出ない人
頑張ればいつか成功曲線通りに成長する!

だからこの調子でもっと頑張るぞ!!

 

完全なる思考停止状態

毎日更新を100日とか続けて成果が出ない場合、これは努力量ではなく、別の問題である可能性が高いです。

自分がやってることが間違っていると認めたくないから、「成功曲線」という概念に依存してるだけなんですよね。

 

毎日更新が目的になっている

成果が出ない主な理由の一つは、彼らは毎日更新することが目的になっていて、立ち止まって「何故数字が出ないか」を分析しないんですよね。

 

何も考えずゴミ記事を量産しても、”成長の爆発点”はやってきません。

成功曲線を描ける条件を満たしましょう!

つまり、「正しい方向」に「大量の行動」です

 

頑張って毎日更新しても成果が出ないのは、ちゃんとした理由があります

【結論】毎日更新はあくまで手段の一つ

方向、道路、手段、空

 

なので、冒頭のツイートの通り、あくまで毎日更新はブログで稼ぐ手段の一つでしかありません。

自分に合うやり方を見つけましょう

 

見当違いの方向性に進めば進むほど、軌道修正が大変ですからね。

沖縄に行こうとして北海道に向かっても、たどり着くにはグルっと地球一周する必要があります。

 

毎日更新に一度はチャレンジ

ただ、”毎日更新のデメリット”をここまで説明してきましたが、別に否定しているわけではないんですよね。

 

むしろ、失敗するとしても一度はチャレンジするべきだと思ってます

理由は簡単で、自分に負荷をかけると圧倒的に成長できるからです。

 

筋トレと一緒ですね。

いつまでも3キロのダンベルでは、ムキムキになることはできません。

 

要はバランス感覚が大事なんです。

例)5日間は毎日更新。次の3日間はネタ集めとリライトに集中

 

負荷をかけすぎて自滅するのはダメ

でも負荷をかけないと成長はしない

 

毎日更新に固執はせず、あくまで一つの手段として活用してください!

 

以上、『ブログの毎日更新は意外とメリットが少ない【無理にやらなくてOK】』でした。

 

追伸

別の記事で「ブログで月5万稼ぐための戦略」を解説してるので、正しい方向に進むための一つの参考にしてください!

【関連記事】>>【重要】ブログ月収5万までの戦略を解説【再現性高めの王道です】

 

 

人気記事【体験談】GRC有料版を購入!評判通り最強なのかを解説します

人気記事【2020年版】アフィリエイトにおすすめのASPを徹底比較