就活・転職

契約社員はボーナスをいくら貰える?【正社員と比べると悲惨な結果に】

契約社員はボーナスをもらえる?
ブログ初心者
ブログ初心者
契約社員は正社員と比べると、貰えるボーナス額にやっぱ差があるのかな?

てか、そもそもボーナスって絶対に貰えるものなの?

えいと
えいと
どうも、契約社員の経験がある えいと です。

今回はこんな疑問に回答していきます

 

やはり、働く上で「お金」はすごく大事ですよね。

生活がかかってるし、やりがいにも繋がりますし。

なので、少しでも給料が良い会社で働きたいのは、当然の話だと思います。

 

で、本題の「契約社員のボーナス事情」ですが、先に結論を言うとこんな感じ↓

・ボーナスが貰えるかは会社による

・貰えても正社員よりかなり少ない

 

詳しくはこの後、解説していきます。

そもそもボーナスが貰えないのは違法では?

契約社員はボーナスいくら

 

残念ながら、ボーナスを貰えなくても違法ではありません。

 

ボーナスとは、毎月支払われる給与とは別に支払われるもの。

「賞与」「夏季手当」「年末手当」など呼び名は色々ありますが、

  • ボーナス支給の有無
  • ボーナスの金額
  • ボーナスの査定方法

などは、企業が自由に決めてOKです

 

なので、契約社員にボーナスを支払わなくても、法律に問われることはありません。

 

「今期は利益が沢山出たし、ボーナスは多めに支給しよう!」

「今期は赤字だから、ボーナスはなしで…」

 

えいと
えいと
こんな感じで、企業が独自に決めて大丈夫です!

 

そして一昔前と違い、最近では契約社員でもボーナスを貰える会社が増えてきました。

リクナビNEXTなどの転職サイトを見ても、「賞与アリ」としている会社は意外とあります。

 

が、それでもやはり、正社員と比較するとボーナスが大幅に少ないのが現状なんですよね…

正社員以外の年間ボーナス平均額

厚生労働省の統計調査を参考にすると、正社員以外の年間ボーナスは平均で『204,700円』となっています。

年齢別にみるとこんな感じ↓

年齢ボーナス平均額
20~24歳75,400円
25~29歳114,400円
30~34歳124,400円
35~39歳137,600円
40~44歳142,300円
45~49歳145,500円
50~54歳166,700円
55~59歳215,900円
60~64歳463,000円

 

60~64歳で一気に数字が上がっているのは、定年後に再雇用され、嘱託社員として働いている人もいるのが要因だと思います。

なので、純粋な契約社員のボーナス平均額は20万円を下回るはずです。

 

えいと
えいと
ちなみに僕が契約社員をしていた会社は、5万円が年に2回で『10万円』でした。

税金など引かれて、手取りでは8万円くらいですかね。

正社員の年間ボーナス平均額

正社員の年間ボーナスの平均額は『1,036,100円』です。

年齢別にみるとこんな感じです↓

年齢ボーナス平均額
20~24歳413,900円
25~29歳726,300円
30~34歳898,400円
35~39歳1,015,800円
40~44歳1,151,200円
45~49歳1,315,300円
50~54歳1,440,100円
55~59歳1,357,300円
60~64歳755,800円

 

もちろん、「こんな貰ってねーよ!」と思う正社員の方も多いと思います。

僕自身、居酒屋の店長をしている時は『0円』でしたからね。

 

ただ、平均値で見るとこういう結果に。

契約社員と正社員で、大きく差がついているのが現実です。

契約社員と正社員の月収の差は12万円

また、平均月収に関するデータもあったので、ご紹介するとこんな感じです↓

平均月収

・正社員→約32万円

・契約社員→約20万円

 

ボーナスを除いても、年収換算すると『120万円』の差があります

 

更に、先ほどの表で「ボーナス額の20代前半から50代前半までの伸び」を見て貰うと分かりますが、

  • 正社員→100万増加
  • 契約社員→9万増加

と、ボーナス額の推移も圧倒的な差。

 

えいと
えいと
年齢を重ねるごとに、差がドンドンと開いていきます…

 

なので、収入に不満がある契約社員の方は、なんとしてでも正社員になるべき。

そこで続いては、『契約社員が正社員になるための4つの方法』をご紹介させて頂きます。

 

追記(2020/3/16)

2020年3月現在、コロナウイルスが大流行しており、多くの企業が経済的大ダメージを受けています。

倒産かどうかの瀬戸際の企業も多く、生き残るために様々な手段を講じており、その中の一つとして「人件費」が大幅に削られている現状。

契約社員/派遣社員/アルバイトが解雇されている、という話も徐々に出てきました。

 

今回のようなケースは稀ですが、業績が悪化した場合、”正社員以外”が真っ先に解雇の対象になります。

そういった意味でも、なるたけ正社員を目指しましょう

契約社員から正社員になる4つの方法

転職でキャリアアップ

 

方法は主に4つあります。

1.契約更新時に交渉する

契約社員は半年~1年ごとに、雇用先との契約を更新します。

その際に会社に交渉してみるのが、一つ目の方法です。

 

ただ、交渉する場合は、企業が納得するくらいの成果を出していることが前提

なので、断られる確率が高いことは覚悟しておきましょう。

2.勤務先の会社の社員になる

2つ目の方法が、「そのまま働き続けて成果を認めてもらい、その会社に就職する」です。

 

ただ、これには注意点があって、会社によって契約社員からの正社員登用率が異なります。

なので、正社員になれない可能性も十分にあります。

 

また、企業の公式HPや求人募集に

「正社員登用あり」

と書かれていても、100%鵜呑みにするのは危険です。

 

えいと
えいと
事実と全く異なる場合が結構あります。

20人中1人でも、「正社員登用あり」と言えますからね。

 

なので、「キャリコネ」「転職会議」などの口コミサイトを活用して、自分で情報収集をしましょう。

調べた結果、正社員登用率が低いなら、会社に見切りをつけて転職をするべきです。

3.転職活動を始める

3つ目の方法は、「今すぐ転職活動を始める」です。

 

正社員になりたい人
正社員になりたい人
今すぐ転職するのは上司が何ていうか…

って方も時折いらっしゃいますが、そもそも転職には時間がかかります。

それに、上司が部下の転職を妨げる権利は、法的にありません。

むしろ、違法ですからね。

【関連記事】>>【経験談】「退職します」って上司に言いづらい【対策を紹介します】

 

「未経験での転職」に強い転職エージェントを4つ貼っておくので、2~3個登録してみて下さい。
(※無料です)

4.スキルアップして転職

4つ目の方法は、「スキルアップしてからの転職」です

やはり未経験で転職するよりも、ある程度スキルを持っていた方が採用率も年収も上がります。

ex)
ユーキャンで資格をとる

プログラミングを学ぶ

 

個人的には、プログラミングを学んでエンジニアを目指すのがオススメ。

これからエンジニアの需要はさらに高まるし、業界の平均年収も高いですからね。

 

就職してから独立も目指せるので、転職支援をしてくれるプログラミングスクールとか選択肢に入れると良いです。

 

\転職支援OK!未経験OK!/>>テックキャンプ無料カウンセリング

番外編)副業を始める

また、「副業を始める」というのも一つの選択肢です。

僕自身、副業で「ブログ」「YouTube」を始め、先月は13万円の副収入がありました。

 

副業が上手くいけば、

  1. 収入を伸ばして独立を目指すもよし
  2. 得たスキルで転職するもよし

選択の自由度がかなり広がります

 

ただ、自分でビジネスをするのは難易度も高いので、時間と労力はかなり必要です。

えいと
えいと
僕の場合は

・休日に1日作業
・早起きして本業前に作業
・本業終了してから作業

を15か月継続中です

行動するかはそれぞれの自由

 

今回、選択肢をいくつか提示しましたが、読者の中にはこういう人もいるはず↓

契約社員の人
契約社員の人
いやいや、転職は失敗するかもだし、今から勉強するのも大変。

それに、仕事があるから時間もないし。。。

 

で、ぶっちゃけ、僕はこういう意見もアリだと思ってます

本当に人生を変えたい人だけ行動すればOK

実際、行動したら失敗することも多いし、辛いこともありますからね。

 

行動しないと何も変わらないけど、それが嫌な人はそのままで良いかと思います。

 

一応、今回紹介したサイトのリンクを、最後にもう一度紹介しておきます。

人生を少しでも生きやすくしたい、豊かにしたい、って方だけ参考にしてください。

 

正社員登用率を調べる口コミサイト

キャリコネ

転職会議

 

未経験の転職に強い転職エージェント

DYM就職

リクルートエージェント

【パソナキャリア】

dodaエージェント

 

資格を取る方法

ユーキャン

※意味のない資格もあるので要注意

 

未経験OK、転職支援も対応のプログラミングスクール

テックキャンプ

 

あなたが契約社員から抜け出せるよう、応援しています!

 

ということで以上、『契約社員はボーナスをいくら貰える?【正社員と比べると悲惨な結果に】』でした

 

人気記事今すぐ辞めるべき職場の10個の特徴【精神病/早死の確率が分かる】

人気記事転職サイトと転職エージェントの違い【おすすめの使い分け方も解説】

人気記事【要確認】就職/転職活動で最低限押さえておきたい情報一覧

関連記事